各ワークショップのご案内

印刷できます
2021版 ワークショップ案内
PDFで開きます
note以外の申し込みはこちら
utena music field に問い合わせ

オンラインサークルで交流する

noteの「サークル」という月額制のシステムを利用しています。
”描いて育てる音楽「音楽プロセス体験」の会”がサークル名です。
サークルには3つのプランが選べるようになっています。内容は以下のとおりです。

サークル名
開始時期
内容
楽しくコース はじめました!月1回のお題があがり、それに沿って音声動画配信します。
月末にzoomワーク(40分)あり。感じたままを大切に育てる場所です。
月600円
深めるコース 6月から楽しくコースに加え、stockという機能を使い、
さらに突っ込んだ内容のやり取りができます。
質問ができます。
月 3000円
秋津亭 6月から発展プログラム終了者向けのサークル
月3300円

記事を購入して、すぐ実践できるもの

utena drawing に興味があるけれど、サークルは敷居が高い、という人は、noteで小さな記事にまとめたものがあります。実際のワークショップをイメージして動画も入れてあるので、リアルに体験できると思います。

また、音楽理論を体験から学んでいこう、という音楽リテラシーワークもあります。
こちらは無料でこのHP内にあります。

記事名今すぐ
できる
金額場所
音楽を描く’ワークショップ1300円note記事*
音楽を描く’ワークショップ 2300円note記事*
音楽ワークブック勉強会
進行中
無料このHP内

*音楽ワークブック勉強会はワークブックに従って書いています。ワークブックの購入をおすすめしますが、なくてもできます。

utena drawing の理論的なところを伝えているもの

utena drawing を学ぶ最初の10の記事noteの有料記事 1記事800円

個人対象のワーク

utena music field のワークは実際にあって、生のやり取りが一番ダイレクトに伝わるものです。
できればでかけていって実際にお会いして行いたいところですが、テレワークの技術も進んできていますので、いろいろ試みてみようと思います。オンラインでも受け付けています。

詳細はこちらを御覧ください。
個人対象ワーク
学べるコース
フリーコース受講者の問いかけに応じる形で、自由に学んでいただくものです。
どんな楽器でも対応します。
utena drawing コースutena drawing を学びます
音楽リ論コース音楽の読み書き・基本をもう一度実感から学びなおします。
音楽教室アドバイス発展プログラム特典です

対面でのワークショップ(オフライン)

コロナが落ち着いたら、ぜひまた東京へ出向いて行こうと思っています。
+2021から、音楽教室まるごと出張ワークショップを受付ます。(中四国・九州限定)

この他に、コロナが終息したら、埼玉県越生市のSHUMA STUDIOにてワークショップをする予定です。

響き・動線・しぐさで触れる
越生・西洋音楽ワークショップ


*以前行われていた、「音楽を描く’(入門)」「音楽リテラシー」は今後はオンラインの内容がそれにあたりますので、なくなります。

発展プログラム

u.dを使って自分の音楽を探しに。
発展プログラム

上記のワークをまとまった形で目標を持って学習します。
どなたでも参加できますが、音楽教室などでのutena drawing の活用をお考えの方は、必ずご参加の上、充分な理解が必要です。

テキストの購入と、終了時にはテストがあります。
発展プログラムは何度でもくりかえしてうけられるもので、
終了者には終了した数の星がついた修了証をお渡しする他、いろんな特典もあります。

詳しくはこちらを。

utena drawing を他の場所でやってみたい!というときに読んでください!
ワークを活用する時の約束・禁止事項

愛媛・東温市の音楽室

東温音楽室は現在、 定員いっぱいとなっていますが、上記音楽プロセス体験希望の方のみ2名まで受け入れ可能です。直接お電話ください。

utena music field で学ぶ目的は?

なんとなく、おもしろそう・・・・

それで、動機は充分です!!まずはいろいろのぞいてみてください。

utena.m.f の学習「音楽プロセス体験」は、音楽を描いてやり取りするutena drawing という方法で様々な情報を抽出しながら、音楽と自分自身の実感を結ぶものです。さらに、もし、みなさんが音楽への漠然とした憧れから一歩踏み出して、自分の問いがみえはじめたら、その問いに具体的に向き合う方法として「音楽プロセス体験」はさらに意味を持ってくることになるでしょう。

リズムに身体が即応する感覚を養いたい
音楽を”感じること”からはじめたい
「自分の音楽」ってなんだろう?の模索
音程を安定して捉え響きを整える方法を探している
自分の癖を知り、その意味を理解することからそのくせを解きほぐす
楽譜とも仲良くなりたい
utena drawing に興味が湧いた
音楽の専門知識が身体的な理解と結びつくようにしたい
生徒に技術ではなく、音楽を教えたい
視覚と聴覚を結ぶ領域に関心がある

この方法は、様々なニーズに答えうるものだと考えています。問いはささやかなものでも、壮大なものでも、具体的なものでも、抽象的なものでも構わないのです。きっとそれぞれに見合った学習方法になっていくでしょう。必要なのはただ、あなた自身のなにがしかの心の動きかもしれません。そうしたら、もう、学び(あそび)は始まっているのかもしれませんね。

趣味として、というのはどうかな・・・・

ぜひぜひ!☺

ずっとあそびのまんまでもいい?

もちろんです。

utena music field では、現在オンラインでのコミュニティを模索中です。いろんな動機の方が集まったほうが、きっと豊かになっていくでしょう。

そうそう、ワークショップを始める前にはこんなお手紙が回ってきます。

このページは読んでみましたか?

音楽教室をやっているのでレッスンに取り入れてみたい。

ぜひ、一緒に学びましょう!!私は長年音楽教室をやってきています。その中で、音楽を学びたい、という人と音楽教室の先生のあいだがうまく噛み合っていない、と感じてきています。その事も踏まえ、音楽を学ぶ、教える、ということをトータルに考えるきっかけになれば素晴らしいと思います。また、それによって、教室の生徒さんにも喜んでもらえるでしょうし、生徒さんは自然に増えてくると思います。何より、自分自身と音楽の間も変わってきます。生徒さんとの関係も変わってきます。utena drawing だけを移植するように使ってみてもあまり役に立たないので、ぜひ、飛び込んで一緒に学び合っていきましょう。発展プログラム終了後は、あなたの音楽観と生徒さんのニーズがマッチするHP作成などの相談などサポートも考えています。まずは、いろいろやってみながら、自分にあっているな、と思ったら発展プログラムへ進むのが良いと思います。とりかかるのは今すぐでもオッケーです。ただしいくつかの注意点もありますので、こちらを御覧ください。