音楽教室などで使ってみたい、という声にお答えします。

音楽教室だけでなく、指揮や、セッションにも役立つでしょう。
また、セラピー関連のお仕事をされている方の琴線にふれるかもしれませんね。

そういう人たち向けに最初に読んでほしい記事が5つあります。一つはこのページです。
この下にはQ&A方式でよくある質問にお答えしています。そこにもリンクボタンで読めるようになっていますが、ここに書き出しておきます。随時、読み直して確認してください。

ということで、Q&A形式で、書き出してみました。

Q&A

Q/どこで学んだのですか?どこで学べますか?

utena drawing は、utena.m.f独自で開発した方法です。
utena music field は小さな音楽教室ですが、「音楽が生まれる場所」にこだわってきたので、ちょっと変わってるんだと思います。
なので、学ぶなら、ここutena music field です。


Q/レッスンのなかで、どんなふうに使っているのですか?

30〜50分(レベルによって時間が変わります。)のレッスンの中で、これは、ドローイングのほうが直感的に理解してもらえるな、とか、じっくり何度もやり重ねて身体に働きかけたらよいかな、というときに、ささっと画用紙とクレヨンをだして、やってみます。一回せいぜい5・6分のワークになりますが、子どもたちは何度もしたがるので、長くなることもあります。あと、単に、今日はしんどそうだな、というときもu.dに切り替えたりします。


Q/使う道具は?

生徒さん一人ひとりに、スケッチブックを持ってきてもらっています。
クレヨンは、こちらで準備しておいて、いつでも使えるようにしています。
あと、必要なものは子どもでも落ち着いて座ってドローイングしやすいテーブル。テーブルの位置が低すぎると、思うように腕がうごかないので、そこは注意して場所を決めています。


Q/生徒や仲間とやってみたい!すぐやってみて大丈夫?

お、やってみれそうですか。たのもしいですね。
ただし、注意してほしいことがあります。
その方法、取り組むときの姿勢とか・・こうしないとネジ穴に刺さらない、みたいな・・

まあ、理想論で、到達目標みたいなものです。
すぐ完全にできなくても大丈夫なので、読んで理解できたら、早速やってみてください!
やってみて、お、そういうことだったか、なるかもです。


Q/やってみたのをSNSやブログに載せてもいいですか

私も広くいろんな方に知っていただきたいと思っていますので、歓迎です。
ただし、utena music field のこのHPとのリンクをお願いします。
そのとき、ご一報いただけたら嬉しいです。
ネット上の基本的なモラルに則るほか、 utena music field 独自のルールもこの度設けましたので、
ご協力をお願いします。

詳しくはこれを読んでください。


u.dは学ぶ人の自由な関わり方を大切にしたいので、協会などの組織を作りません。
ですから出どころをしっかり線で結ぶことが大事なのです。


Q/生徒にやってみて、難しいと感じました。コツなどを教えて下さい。

u.dはかなり、「コツ」がいります。でも、音楽的技術に関係なく、誰にでも取り組めるものです。
それをおしゃべりしながらお伝えできるような場としてnoteにてオンラインサークルを作りました。

ぜひ覗いてみてください。

note/谷中みか(utena.m.f)
描いて育てる音楽「音楽プロセス体験」の会
オンラインサークル


さらに、本当に、これを人と共有するために役立てたい、と思ったら、発展プログラムへの参加をおすすめします。


Q/udを取り入れていることを公表してもいいですか?

音楽教室内でu.dはどんどん試してみていただいてOKです。
でも、そこから興味が湧いて、本格的に「取り入れる」場合は、発展プログラムの参加をお願いしています。
それを公表する場合は発展プログラムにご参加ください。ですから、逆に、発展プログラム参加者さん以外の方はお控えください。

一緒に学びましょう!

u.dの全体像を掴みながら音楽を深める
発展プログラム


utena drawing だけを学びたいのですが、方法はありますか

あなたが、教室の指導として使うつもりならば、ありません。
utena drawing はツールに過ぎません。その背景にある音楽の深み、人の体験の深みという探求なしに、安易に線をなぞってみるだけでは遊びに終始するだけか、場合によっては相手の体験にとって危険でもあります。一般の方がutena drawing から入って音楽を楽しむ方法をみつける、ということはどんどん推奨しますが、教育やセッションという場面で使う場合は、かならず、発展プログラムでutenaのメソッドの全体像からutena drawing の意義を理解してください。ただし、音楽教室の先生でも自分のためにやってみる、というのであれば、どうか自由な選択で興味のあるワークに参加してみてください。


レッスンに使うのではなく、utena drawing の講師になりたいです、どうしたらいいですか?

今は、できません。
そもそもそれほど一般的ではないので、仕事にならないと思います。(笑)
あなた自身の仕事にお役立てください。


もしも、このワークに本気で取り組む意識が強く、そして、私も納得できる人材が現れたら、私の方からお声掛けしたいとおもいます。
そもそも講師、という意識を外すとこから、です。☺
いっしょにがんばりませう。


Q/個人ワークの選択肢にある「音楽教室アドバイス」とは?

発展プログラム参加者さんのみに行う有料のワークです。
なにか特別な秘伝の伝授ではありませんで、(笑)、志を同じくする方たちの音楽教室で起こる問題や疑問などにお答えしていきたいと思っています。私が音楽教室を初めてたぶん35年くらいかとおもいますが、その中でutena drawing も生まれ、今の音楽室につながっていて、心地よく仕事をさせていただいています。そんな中から、若い(いや、若くなくても大丈夫)先生が悩んでいることにお答えできたらと思います。迷いながらここまできた小さい教室の先輩だからお答えできることがあるはず。
当然utena drawing を使った指導法のさらに個人的なやり取りもそこに含まれます。
また、ホームページ作成のお手伝いもさせていただきたいと思っています。


Q/u.d音楽プロセス体験の指導者の組織はありますか?

協会のような組織はありません。ただ、拠点としてutena music field があるだけです。
ですから、これを学ぶことが先生方の自由な音楽教室のあり方を縛ることはありません。どうか、完全に独立したあなただからこそできるという音楽教室を構築していただきたいのです。

けれども、もし、あちこちで、utena drawing に似たようなものができてしまった場合の心配はあります。
協会を作ってこれを守るべきではないかと考えたこともありました。
音楽プロセス体験の背景のないutena drawingは学ぶ人のためにならないでしょうし、またutena music fieldの営業にもよくないでしょうから、理論を守り続けられなくなってしまいます。でも、それは考えた末、しないことにしました。

ですから、u.dには必ずutena music field の存在をリンク付けておいていただきたいのです。utena drawing を知った人がここへたどり着けるように、お願いします。

ただ、ものずきが集まっていつまでも研究を続けるサークルは存在しています。けれども、これも、音楽教室の先生だけのものではなく、初心者も音楽愛好家も同じ土俵で対話するものです。

発展プログラムは何度でも受け直して良いです。組織に縛られることなく自分にあった学びを見つけてください。

*万一、今の方法で問題が生じる場合、一生懸命やってきている人に損失を与えてしまうとか、私の労働の対価が得られなくなった場合、そのときにはまた考えます。
そういうときには法的手段も含め、全力で阻止します!
そうならないように、ルールぎめをキチンとしておきたいと思い、このページを作っています。

まあ、私自身自由でいたいので気楽にやりたいです。
そのためにもルールを良く確認し、なかよくやっていきましょう!


音楽教室での活用は発展プログラム参加が条件となります。

Q/ものずきの集まりとは?

秋津亭というサークル名がそれになります。かつての研究コースです。詳細はサークルのページを御覧ください。

もし、他にご質問がありましたら、ご連絡ください。
一般的に皆さんに役立つ質問なら、ここに追加いたします。